CBR250RR

TOP PAGE  HONDA PAGE

HONDA CBR250RR

CBR250RR

革新のパフォーマンス。新設計250ccツインエンジン。

低・中速域での力強さと、高回転まで一気に吹け上がる爽快感を両立した新設計の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒250ccエンジン。常用シーンでの扱いやすさに加え、アグレッシブなサーキット走行にも対応するワイドレンジの出力特性を獲得している。ボア×ストローク比は62.0mm×41.3mm。また、アルミシリンダースリーブをはじめ、ピストンに粗条痕やモリブデンコーティングを施すなど独自の軽量化技術・フリクション低減技術も投入。軽量・コンパクト・高出力をシンプルに突き詰め、新世代RRにふさわしいツインエンジンを完成させた。

LEDデュアルヘッドライト

CBRシリーズのアイデンティティーのひとつであるデュアルヘッドライトは、上側にライトガイド構造によるライン発光のランプを備え、下側は左右それぞれにハイ/ロー切り替え機能を備えた斬新なデザイン。LEDならではのコンパクトさを活かしたシャープな造形が、よりアグレッシブな印象を与えている。

LEDテールランプ&LEDストップランプ&LEDウインカー

LEDテールランプもヘッドライトと同様にライトガイド構造によるライン発光タイプを採用。制動時に発光するLEDストップランプはリフレクターによる発光表現とし、これらを上下2段独立配置。コンパクトな灯体が鋭く跳ね上げたリアカウルにインテグレートされた、独自のデザインとしている。ウインカーは、LEDの特性を活かしたコンパクトなバータイプを採用。ヘッドライトやテールランプ、ライセンスランプと合わせ、すべての灯火器をLED化している。

CBR250RR

エキサイティングな走りの予感。

低く構えたロングノーズから高く跳ね上げたテールにわたる先鋭的なウェッジシェイプを実現。

走る姿でも、独自の存在感を放つ。

ライディングポジションは、ライダーとマシンが一体となれるスーパースポーツらしい設定とし、マシンコントロールのしやすさを追求。タンク後端からシート先端部を絞り込むことでニーグリップのしやすさと良好な足着き性にも配慮している。

力強さと速さを湛えたレイヤードカウル。

ボディーサーフェスは、硬質で塊感のある面構成で「力強さ」を、キレのあるエッジにより「速さ」を表現。ロアカウルは走行風を効果的に導き、エンジン回りの冷却にも寄与する。

250ccクラス初 スロットルバイワイヤシステム。 ※Honda調べ(2017年4月時点)

スロットルグリップの開度を機械式ワイヤー構造ではなく電気信号を介して伝達するスロットルバイワイヤシステムを採用。スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブ制御を図ることにより、上質で安定感ある加速フィールを獲得している。

3つの走りのテイストを、自在に楽しむ。

電子制御のスロットルバイワイヤシステムを活かし、好みに合わせて選べる3つのライディングモードを設定。パワーフィールの明快な差を自在に堪能できる。
〈Sport〉  オールラウンドにリニアな加速を楽しめる標準モード
〈Sport +〉 より力強い加速が楽しめる、レスポンスを強調したモード
〈Comfort〉 タンデム時など、よりリラックスした走行が楽しめる快適性を重視したモード
各モードへの切替えは、左ハンドルの「モードスイッチ」で操作。モードの切替えは走行中でもスロットルグリップを全閉にすることで可能。選択されたモードはメーターの液晶パネル右側に表示される。

フレーム

「速さを伝えるマシン骨格」を目指して、ゼロから構成を検討したシャシー。フレームボディーは鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立。テストライディングの繰り返しにより各ガセット類など細部に至るまで調整し、ライディングフィールも高度にチューニングした。スイングアームは左右非対称のガルアーム形状。「ヘの字形状」の右側アームはエキゾーストパイプの外側への張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角確保に寄与する。また、スイングアームをアルミ製にすることで、リアのバネ下重量の軽減とともにマス集中化による運動性能の向上も図っている。

サスペンション

フロントサスペンションは倒立式。スライドパイプ径をφ37mmとし、高い剛性と路面追従性に貢献。リアサスペンションは5段階のプリロード調整機構を装備し、プログレッシブな反力特性が得られるプロリンクを採用。ライダーの好みやタンデムライディング時に合わせてアジャストも可能としている。

ブレーキ

ウェーブ形状のディスクブレーキは、フロントにφ310mmのフローティングシングルディスク、リアにφ240mmのシングルディスクを採用。ABSもタイプ設定している。

HONDA CBR250RR 価格

カラー/モデル CBR250RR CBR2500RR ABS
マットガンパウダーブラックメタリック  設定無し メーカー希望小売価格806,760円(税別747,000円)
SCS価格677,160円(税別627,000円)
パールグレアホワイト 設定無し
グランプリレッド 設定無し
グランプレッド(ストライプ) メーカー希望小売価格788,400円(税別730,000円)
SCS価格662,040円(税別613,000円)
メーカー希望小売価格839,160円(税別777,000円)
SCS価格704,160円(税別652,000円)

HONDA CBR250RR 動画

※CBR250RRの動画はイメージとなり日本仕様と一部異なりますが予めご了承お願い致します。。

HONDA CBR250RR  SPEC

  CBR250RR
《 》はABS仕様
車名・型式 ホンダ・2BK-MC51
全長(mm) 2065
全幅(mm) 725
全高(mm) 1095
軸距(mm) 1390
最低地上高(mm) 145
シート高(mm) 790
車両重量(kg) 165《167》
乗車定員(人) 2
燃料消費率
(km/L)
国土交通省届出値:
定地燃費値
(km/h)
40.1(60)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(クラス) 26.7(クラス 3-2)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m) 2.9
エンジン型式 MC51E
エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量(cc) 249
内径×行程(mm) 62.0×41.3
圧縮比 11.5
最高出力(kW[PS]/rpm) 28[38]/12,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/11,000
燃料供給装置形式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.272
2速 2.187
3速 1.727
4速 1.421
5速 1.222
6速 1.068
減速比(1次/2次) 2.781/2.928
キャスター角(度) 24° 30′
トレール量(mm) 92
タイヤ 110/70R17M/C 54H
140/70R17M/C 66H
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

商品に関する詳細情報はホンダのホームページをご参照下さい。

SNS

「いいね!」や「ツイート」ボタンを押して情報をみんなで共有♪
見積り依頼はこちらから!

新車・中古車、国産・外車問わず、今注目の最新モデルから特価車まで常時800台保有しております。SCSなら貴方のお探しのバイクをきっと見つけてみせます。オートバイ購入で迷っている方!まずはお気軽に見積もりを!無理かな?なんて思ってた憧れの一台が、実は方法によってはすぐ購入出来てしまう事だってあります。当店では特別低金利のクレジットも120回まで受付しております。そしてバイクの下取りもしておりますのでまずはご相談下さい。大型店ならではのフルサポート体制でお待ちしております。お客様第一主義、それがSCSです。(尚、修理・部品・カスタム等の相談はメール・電話ではお受け出来ませんのでお手数ですが直接ご来店でお問い合わせ下さい。)