スカラベオ250i.e.
aprilia SCARABEO250i.e.

TOP PAGE  aprilia PAGE

aprilia Scarabeo250ie(アプリリアスカラベオ250ie)

スカラベオ250ie アプリリアロゴ イタリア
人気イタリアンラージホイールスクータースカラベオ
人気スクーターのスカラベオ250がフルモデルチェンジ!
今まで愛されていたデザインを一新し、シート下にはヘルメットが収納可能。そしてエンジンはコンピューター制御で燃料噴射を行うフューエルインジェクション方式となります。従来のテイストを捨て生まれ変わったスカラベオ。そのデザイン・装備・クオリティを知れば、誰もが「正常進化」と呼べる一台です。

What's "SCARABEO" ?

スカラベオ250i.e.

イタリアでは大人気のScarabeo。その人気秘訣は言わずと知れた「ラージホイール」。スクーターの概念を覆すコンセプトで開発された16インチホイールであります。石畳の道が多いイタリア、当然道はデコボコであります。そんな悪路を快適に走るにはホイールの大径化が必要不可欠。しかし操作がラクなスクーターモデルに、その大径ホイール車は存在しなかったのです。そこで開発されたのがスカラベオ。カンタン操作のスクーターに、走行安定性に定評のあるラージホールを加えた一台なのです。もちろんファッション面でも注目を集め、世界のファッションをリードするイタリアのミラノっ子達に大絶賛され、今尚愛されております。

アプリリア スカラベオ250i.e. 価格

メーカー希望小売価格606,000円(税抜561,111円) 消費税8%込み
販売終了しました

カラー:クラウドシルバー

スカラベオ250ie クラウドシルバー

ラージホイールスクーター「スカラベオ」。その誕生から長年愛されてきたメインカラーがシルバーとなります。上品で更なる高級感を高めるクラウドシルバーは、飽きが来ることもなく、汚れやキズについても最も目立つことの無い色。長く乗り続けたい、そんな方にはぴったりかも知れません。

スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e.
スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e.
スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e.
スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e. スカラベオ250i.e.

スカラベオ250ie 装備

スカラベオ250IE イタリアでは大人気のラージホイールスクーター。その火付け役となったモデルがスカラベオ。先代のクラシカルな雰囲気からデザインを一新。モダンクラシックなイメージに生まれ変わりました。
スカラベオ250IE フロントには16インチ、リヤは14インチを装着し、走行安定性を格段に向上させたと共に、ファッション面からも注目のカデゴリーとなっております。ブレーキは前後連動ブレーキとなります。
スカラベオ250i.e. エンジンはピアジオ社製クオーサーエンジン搭載。燃料供給システムは時代をリードするフューエルインジェクション式。アナログからデジタル化され、低排出ガス化を実現しております。
スカラベオ250i.e. リヤサスペンションは先代がモノショックだったのに対し、250IEではダブルへ変更。石畳のイタリアで好評を得たしなやかなサスペンションは、国産モデルでは味わえない乗り心地となっております。
スカラベオ250i.e. 今回モデルチェンジして注目の箇所となったシート下の収納。従来型はガソリンタンクだったため容量ゼロでしたが、ニュースカラベオは専用ヘルメットであれば二個OK。
スカラベオ250IE フルフェイスの場合であっても1個はOKシート表皮を見るだけで出来の良さが伺えます。先代モデルではステッチがカワイイ雰囲気を醸し出してましたが、今回からはズバリ「高級感」の追求です。
スカラベオ250IE シート下が収納スペースになったため、ガソリンタンクの位置は足元となりました。給油時にバイクから降りなくても大丈夫になったのは有難いことです。
スカラベオ250i.e. サイドスタンドもイタリアンバイクではお馴染みのオートリターン式でなく、国産モデルと同様、下げるとストップしますので、安心して駐車して頂く事が可能です。
スカラベオ250i.e. 高級車の象徴でもあるセキュリティシステム。こちらのリモコンのボタンを押すとアラームON・OFFが出来ます。しかも音でON/OFFをお知らせします。
スカラベオ250IE アンサーバック機能が付いてるので、ウインカーランプの点滅を見れば視覚的にONN/OFFになっているのかを判断できます。もう一つのボタンはシートの施錠ON/OFFボタンです。豪華で便利になりました。
スカラベオ250IE メーターパネルは視認性の高い三連タイプを採用。前モデルのクラシカルな趣きからモダンなデザインへ変更されました。写真では見づらいですが、夜間時にバックパネルから発色するグリーンのライトが、独特のテイストを醸し出します。右のデジタル液晶パネルには時計・燃料計・距離計が付いてます。 
スカラベオ250IE オートバイの顔と呼べるヘッドライト部はスカラベオらしいスタイリッシュで独特の表情となります。
スカラベオ250IE ヘッドライトは上がHI、下がLO。マルチリフレクター型のハウジングなので光を無駄なく一点集中し照らします。ヘッドライトの照らし方はこんな感じ。ちなみにヘッドライト光が眩しくて、画像が真っ白にならぬよう角度を変えて撮影したものです。
スカラベオ250IE ヘッドライトの照らし方はこんな感じ。ちなみにヘッドライト光が眩しくて、画像が真っ白にならぬよう角度を変えて撮影したものです。
スカラベオ250IE 写真左はエアベント。こちらを設けることにより放熱性が上がり、ラジエターの温度上昇によるオーバーヒートを抑止します。
スカラベオ250IE 先代からフルモデルチェンジを遂げたNEWスカラベオですが、フロントカバー部分は何処か先代の名残があるデザインとなっております。
スカラベオ250IE インナーボックスはこんな感じです。メインスイッチのキーシリンダーを押すと開閉出来ます。中には大きなモノは収納は出来ませんが、サングラスや携帯、グローブ程度なら楽々収納可能。写真では見えませんが、インナーボックス上にはコンビニフックもご用意。
スカラベオ250IE 国産250ccクラスではない装備がスカラベオには付いており便利。コンビニ袋から大きなカバンまで気軽にかけることが可能。
スカラベオ250IE ステップボードは後方へ行くに連れスリットが入り、足付き性を考慮した構造となっております。
スカラベオ250IE ステップ表面のエンボスはノンスリップ効果もあり、確かな足元のグリップを約束します。
スカラベオ250IE タンデムステップはかなり精度が高く質感が最高です。スカラベオの作りの良さを感じる瞬間♪カチッとCLOSEするときに音がなります。みなさんもぜひお試し下さい!
スカラベオ250IE クルマ(四輪)の作りの良さを確かめる際、ドアを開け閉めしたことはありませんか? それと同じ感覚で、スカラベオが非常に上質で、丁寧に作りこまれてるかを体感出来る場所となります。
スカラベオ250IE 今回のモデルチェンジに伴いリアキャリアはこんな形になりました。もちろん後付でリヤボックスを取り付けることも可能です。
スカラベオ250i.e. そしてテールライトユニットは一体型のデザインとなります。先代と違いボディにビルトインされたモダンなスタイル。
スカラベオ250IE ヘッドライト下にはアプリリアの立体エンブレム。
スカラベオ250IE そしてサイドカバーにはスカラベオのエンブレムが貼り付けされております。

カラーバリエーション

スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie
車体色はクラウドシルバー
スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie
車体色はコチュールブルー 販売終了
車体色はシャインロッソ 販売終了 スカラベオ250IE
スカラベオ250IE スカラベオ250IE スカラベオ250IE
車体色はアプリリアブラック 販売終了 スカラベオ250ie
スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie
車体色はヴェニスホワイト 販売終了 スカラベオ250ie
スカラベオ250ie スカラベオ250ie スカラベオ250ie

  商品に関する詳細情報はピアジオグループジャパンのホームページからでもご覧頂けます。

SNS

「いいね!」や「ツイート」ボタンを押して情報をみんなで共有♪

SPEC (諸元表)

車名 スカラベオ250i.e.
エンジン 水冷・4サイクル・単気筒 SOHC4バルブエンジン
総排気量 244cc
全長/全幅/全高 2270mm/770mm/1210mm
ホイールベース 1530mm
シート高 785mm
最高出力 22.4HP/8,000rpm
最大トルク 21Nm/6,250rpm
燃料タンク容量 10L (そのうちリザーブ2L)
乾燥重量 181kg
タイヤサイズ F110/70-16 R140/70-14
乗車定員 1名

商品に関する詳細情報は輸入元ピアジオグループジャパンのサイトをご参照下さい。